トップ / 動脈硬化と心筋梗塞の関係

中性脂肪と心筋梗塞

動脈硬化と心筋梗塞の関係

動脈硬化が心筋梗塞の原因になる

エネルギー源として消費されずに体内に溜まってしまった中性脂肪は、身体の中で悪さをするようになってしまいます。とくに、中性脂肪が溜まってしまうと動脈硬化が引き起こされ、それが原因で様々な、場合によっては命にかかわる病気になってしまうリスクが飛躍的に上がってしまうのです。

動脈硬化が引き起こす数々の病気の中で、やはり最も恐ろしいのは心筋梗塞だと言えるでしょう。ではどのようにして、動脈硬化は生命の危険を及ぼしてしまうような心筋梗塞につながっていくのでしょうか。

動脈硬化が進行すると、血管内にある「プラーク脂肪」と呼ばれる脂肪のかたまりが破れて、血管の中に血栓ができてしまいます。この血栓ができることで、当然血液の流れはせき止められてしまうことになり、その結果として心臓からの血の巡りは悪くなります。

そして、この状態が進行すると、心臓の近くの血管が完全に詰まって心筋が壊死してしまうことになり、そうなってしまうと心筋梗塞が起こってしまうことになります。

心筋梗塞は胸に非常に強い痛みを感じるものであり、それに伴って吐き気や呼吸困難などが起こってしまいます。場合によってはその場で意識を失ってしまうようなこともあり、その後適切な処置がなされなければ死に至ってしまう、非常に恐ろしい病気のひとつです。

動脈硬化が引き起こす病気としてはそのほかにも、先述したような脳梗塞や閉塞性動脈硬化症などの病気が挙げられます。動脈硬化が脳梗塞を引き起こす原因も心筋梗塞と同じであり、脳の血管に血栓ができてしまうことで脳への血流がせき止められてしまい、その結果として神経麻痺などの症状が起こってしまうものとなっています。

これらの恐ろしい病気を未然に防ぐためにも、動脈硬化の防止、さらには中性脂肪を減らすことは必要不可欠だと言えますね。